スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信販売のご案内

  • 2015/02/16(月) 14:10:35

本日より通信販売を開始致します。


・MGY90-01 大日本帝國海軍航空隊搭乗員 \3.500-
IMG_1560.jpg 
IMG_1554.jpg IMG_1559.jpg ●レジン製組み立てキット ●全6パーツ


・MGY90-02 1/20 Luftwaffe Fliger "EXPERTEN"  \3.500-
b5.jpg cc1.jpg c3.jpg ●レジン製組み立てキット ●全6パーツ
■彩色見本制作:佐野 橘火(Hebiyuri Studio)


※キット購入御希望の方は、当ブログ左端にあるメールフォームから
お申し込み頂きますよう、お願い致します。



<商品について>
鳴弦屋のキットは完全個人生産のガレージキットです。
商品は、鳴弦屋が原型制作、複製作業、パッケージングを行っております。
お客様が組立て、塗装するウレタン樹脂キットです。
商品は注意深く検品し、合格ラインに達した物だけを販売しておりますが、
材料の性質上、どうしても気泡や段差が生じます。
その点をご留意して下さいますよう、お願い申し上げます。

<お申し込み方法について>
メールフォームの件名を「通販希望」と明記の上、
ご希望商品名と個数、郵便番号、住所、電話番号、
氏名、振込先(三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行)をご記入下さい。
注文メール確認後、24時間以内に注文受け付けメールをお送りいたします。

<お支払いについて>
商品代金のお支払いは指定銀行口座への前払いでのみ、お願いします。
振り込み手数料はお客様に、ご負担いただきます事をご了承願います。
商品代金、振り込み手数料の他、送料(510円)が必要になります。

<商品の発送について>
ご入金の確認後、レターパックプラス(510円)にて発送します。
発送作業が済みましたら、メールにてご報告いたします。


何か不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
それでは宜しくお願い申し上げます。

鳴弦屋

スポンサーサイト

続きを読む

WF終了!

  • 2015/02/14(土) 16:00:01

遅くなりましたが、WFに参加された皆様お疲れ様でした。
そして鳴弦屋のキットをお買い上げ下さった方々に
厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

カメラを持って行くのを忘れたので、写真はありません!

WF終了後から、キットの追加生産をしましたので、鳴弦屋キットの通信販売を行います。
詳しくは、新たに記事を書きますので、もうしばらくお待ち下さいませ。

つづく




WF参加いたします。

  • 2015/02/07(土) 09:15:57

タイトル通り、ワンフェスに参加いたします。

7-05-11
GILLGILL

・1/20 大日本帝國海軍航空隊搭乗員
・1/20 Luftwaffe Fliger "EXPERTEN"
各3500円


IMG_1554.jpg b5.jpg クリックででっかくなるよ

そろそろ準備を整えて出発しなければならないので、愛想のない記事ですみません。
この度、S.Kikka氏に新作の彩色見本を作って頂きました!
Kikka氏のサイトはこちら→http://hebiyuri.blogspot.jp/
1/20スケールでこの塗り込みっぷり!!!
特筆すべきは、やはり「しっとり透明感のある肌」です。
バイザーキャップの描き込みも相当なものですね。
えー、WF終了後に改めて紹介いたします。

なお鳴弦屋のキットは、イベント終了後に一般販売いたします。
メールフォームからメッセージを頂ければ通信販売も行いますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

それでは会場でお会いしましょう!
お声をかけて頂ければ、鳴弦屋の主は喜びます。

つづく

1/20 ドイツ空軍エースパイロット原型制作 その4

  • 2015/01/29(木) 17:52:44

いきなり完成!!

1 クリックででっかくなるよ

わはは。
誰も見てないと思われるブログですが、数ヶ月ぶりに更新します。
更新しなさすぎて、パスワードを忘れておりました。
原型制作記も「その4」にして完成です。

他の角度
2 3 4 クリックででっかくなるよ

現在キット化に向けて作業を進めております。
ついさっき、シリコンを流しました。
明日はもう半面流せるな。
このキットは2月8日のワンダーフェスティバルで初売りいたします。
1年ぶりの参加っす。
去年は大雪で大変でしたねぇ。

肝心の卓番は
7-05-11
GILLGILL


大阪は日本橋のレンタルスペース GILLGILLのブースに居候します。
ありがとうございます。

鳴弦屋のお品書きは
・1/20 大日本帝國海軍航空隊搭乗員
・1/20 Luftwaffe Fliger "EXPERTEN"

各3500円
です。
宜しくお願い致します。

えー、また更新します。
ブログ村に登録してたんですが、やり方忘れたわい。

つづく!


1/20 ドイツ空軍エースパイロット原型制作 その3

  • 2014/08/21(木) 19:11:05

みなさまこんにちは、鳴弦屋の主です。

ルフトバッフェパイロットの原型製作、あまり進んでいないのですが
画像アップします。
ほれ
IMG_2052.jpg クリックででっかくなるよ

えー、当初服装はエースパイロットらしく革ジャン&乗馬ズボンで作ろうと
考えておりましたが、資料を読んでいるうちに乗馬ズボンをやめて、
チャネル・トラウザーズ(海峡ズボン)に変更しました。
ズボンにサバイバルキットを色々収納できてかっちょええんですよ。
左太もも部分のポケットには信号銃と信号弾、染色マーカーが収納されていたようです。
原型はまだアタリの状態なのでそれらの道具が入っているようには見えませんね。
ここらもいかにもらしく作れたらと思います。
右側には雨蓋のついたポケットが二つあって、救命ライト、シグナルミラー、
発炎筒、護身用の拳銃が収納されていたようです。
右ひざ、ふくらはぎにもポケットがあるのですが、救難信号旗が収納されています。
ここまでサバイバルキットが充実してると感心しますね。
日本海軍も、もっとパイロットの命を大切にしてもらいたかったなぁ。
国民性の違いといえばそれまでですが。
まぁBf109はドーバー海峡を渡ってイギリス上空で15分も空戦すると
帰りのガソリンが底を尽きかけると言う足の短さですからね。
このぐらいの装備が必要だったのでしょう。
ちなみに日本海軍航空隊搭乗員も拳銃を所持していましたが、
護身用ではなく自決用です(T_T)

つづく

ぽちってして下さい
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。